学会誌

学会誌9巻2号(2014年2月)

目次

【第10回日本循環器看護学会学術集会 会長講演】

多職種連携を基盤にした質の高い循環器看護実践の創造 6
 眞嶋朋子

【第10回学術集会 特別講演】

多職種連携の新しい考え方―これまでとこれから 9
 細田満和子

【第10回学術集会 教育講演】

成人先天性心疾患の現状と今後の課題 11
 丹羽公一郎
最新の心臓血管外科治療と看護への期待 14
 松宮護郎

【第10回学術集会 日本循環器学会共催セッション】

<座長まとめ>遺伝性不整脈の遺伝子検査の進歩 16
 清水 渉
循環器領域における遺伝子検査と看護:結合織・血管の遺伝性疾患 19
 森崎隆幸、森崎裕子
循環器領域における遺伝性疾患をもつ患者・家族への看護 22
 水野芳子

【第10回学術集会 教育セミナー】

認知症高齢者の理解とかかわり方の基本 24
 諏訪さゆり
慢性心不全診療における遠隔モニタリングの役割:多職種協働とPerson-Centered Care 28
 琴岡憲彦

【研究報告】

介護老人福祉施設の認知症を合併する高齢慢性心不全療養者の看護支援の際に看護職員が抱く困難と看護支援の実態 30
 大津美香
緊急入院した心臓血管系疾患患者の対処行動の特徴 39
 迫田典子

前のページへ戻る

TOPへ戻る