学会からのお知らせ

第17回日本循環器看護学会学術集会は10月10日(土)11日(日)、ハイブリッド方式で開催されます。

 

第17回日本循環器看護学会学術集会は、現地開催とウェブ開催を併用するハイブリッド方式で開催することとなりました。


・現地開催は当初の予定どおり10月10日(土)、11日(日)の2日間です。
現地開催プログラムの開始と同時にウェブ視聴も可能となり、会期終了後も10月25日(日)
17:00まで配信いたします。

・プログラムによって、現地での発表やZoomを利用した発表を配信する場合と、
事前に収録した素材を配信する場合があります。

・市民公開講座、参加者懇親会は中止いたします。

・企業展示は現地にて開設いたします。

・現地参加とウェブ参加のいずれも参加費は同額です。

・現地参加は割引料金参加申込受付期間(6月2日(火)~9月23日(水)24:00)にお申し込みいただいた方に限ります。
ただし、割引料金参加申込受付期間終了前であっても、お申し込み状況により受け付けを中止する場合があります。

詳細および今後の最新情報は、学術集会HPにてご確認ください。
http://www.jacn2020-kyoto.jp/index.html

第17回日本循環器看護学会学術集会
会長 宇都宮 明美(京都大学)

TOPへ戻る

座長: 三浦 稚郁子 (榊原記念病院)

 

★「心筋梗塞患者のセルフケアに関連する要因

稲垣美紀1)、高見沢恵美子2)、戸田美和子3)

1)梅花女子大学 看護保健学部 看護学科、2)関西国際大学 保健医療学部 看護学科、3)倉敷中央病院

 

「先天性心疾患をもつ子どもの病状告知の現状と親の抱える思い

-中学生以上の子どもをもつ親を対象とした告知場面の振り返りアンケート調査から-」

阿部卓也、笹川優樹、大塚杏奈、菊池麻美、布施佐智子

埼玉県立小児医療センター

 

「ICD植込み患者の身体的健康度に影響する療養生活に対する認知・感情」

城戸秀佳、梅津務

筑波大学附属病院

 

★最優秀演題

×