教育セミナー

第37回 日本循環器看護学会 教育セミナー

心不全患者の緩和ケア
~深めよう! 今からできる心不全緩和ケア~
第35回教育セミナー(大阪)で好評だった「緩和ケア」を
東京でも開催します

 

日時  2019年12月15日(日)10:00~16:10 (受付9:30~)
場所  日本赤十字看護大学(広尾キャンパス)201講義室
アクセスマップ:https://www.redcross.ac.jp/about/access
参加費 会員:3000円 非会員:6000円
定員  先着200名(定員になり次第締切)

プログラム

受付開始 9:30~
オリエンテーション 10:00~10:10

講演 1. 10:10~11:20
テーマ:心不全患者の緩和ケアのコツ ~循環器看護師の視点~
講師:若林 留美先生 (東京女子医科大学病院 慢性心不全看護認定看護師)

講演 2. 11:30~12:40
心不全治療における緩和ケア ~循環器内科医の視点~
講師:河野 隆志先生 (杏林大学医学部 循環器内科学 准教授)

昼食 12:40~13:40 (60分)

講演 3. 13:40~14:50
緩和ケアからみた心不全患者の症状緩和 ~緩和ケア認定看護師の視点~
講師:吉田 小百合先生(東邦大学医療センター大橋病院 緩和ケア認定看護師)

講演 4. 15:00~16:00
この事例どう取り組む?みんなで悩みを解決しよう!
事例提供:根井 あずさ先生(東邦大学医療センター大橋病院 慢性心不全看護認定看護師)
コメンテーター:講師の先生方

アンケート回収

参加にあたって

※昼食は,各自でご用意ください。近隣に、十分な飲食店がありません。
※講義室内は飲食可です。

※全領域の認定看護師の更新時の自己研鑽ポイントとしての申請が可能です。

応募方法

下記の登録ボタンからご登録をお願いいたします。

会員用応募フォーム


非会員用応募フォーム


※本セミナーは定員となりましたため、受付を締め切らせていただきました。

問い合わせ

日本循環器看護学会事務局 メール:jacn@asas-mail.jp

※PDFポスター

TOPへ戻る

座長: 三浦 稚郁子 (榊原記念病院)

 

★「心筋梗塞患者のセルフケアに関連する要因

稲垣美紀1)、高見沢恵美子2)、戸田美和子3)

1)梅花女子大学 看護保健学部 看護学科、2)関西国際大学 保健医療学部 看護学科、3)倉敷中央病院

 

「先天性心疾患をもつ子どもの病状告知の現状と親の抱える思い

-中学生以上の子どもをもつ親を対象とした告知場面の振り返りアンケート調査から-」

阿部卓也、笹川優樹、大塚杏奈、菊池麻美、布施佐智子

埼玉県立小児医療センター

 

「ICD植込み患者の身体的健康度に影響する療養生活に対する認知・感情」

城戸秀佳、梅津務

筑波大学附属病院

 

★最優秀演題

×