教育セミナー

第31回 日本循環器看護学会 教育セミナー

第31回 日本循環器看護学会教育セミナー
上級編(大阪)

 

開催日時  2018年2月4日(日) 10:00~16:00(昼休憩:60分)
開催場所  大阪府立大学I-site なんば2階
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東2丁目1番41号 南海なんば第1ビル2・3階

主  催  一般社団法人 日本循環器看護学会 学術委員会
テーマ   心不全看護の上級編
『循環器領域の看護師に求められる役割と地域連携の課題 ~新たな活動の開拓~』

募集人員  200名
対 象   循環器領域のエキスパートを目指す看護師(慢性心不全看護認定看護師など)
参加費   学会員:3000円 非学会員:6000円

プログラム*認定看護師の研修実績として2点の申請が可能です。

講演1 10:00~11:20(80分)
テーマ:循環器内科医が循環器領域で実践する看護師に期待する役割
講 師:社会医療法人渡邊高記念会 西宮渡辺心臓血管センター センター長 民田浩一先生

講演2 11:30~12:30(60分)
テーマ:高齢者を在宅で支えるためのシステム構築 ~いかに地域の仲間を見つけるか~
講 師:大阪北ホームケアクリニック 医師 梶本心太郎先生

昼食 12:30~13:30 ※昼食は各自でご用意ください。

講演3 13:30~14:20(50分)
テーマ:高齢心不全患者の活用できる制度と地域包括ケアの実際
講 師:医療法人 神戸健康共和会 東神戸訪問看護ステーション 所長
在宅看護専門看護師 訪問看護認定看護師 井上久美子先生

講演4 14:30~16:00(90分)
テーマ:循環器看護の実践の評価と報告の方法 ー認定看護師の活動にフォーカスしてー
講 師:神戸市立医療センター中央市民病院 慢性疾患看護専門看護師 仲村直子先生

講演5 16:10終了 アンケート回収
※会場は飲み物の自動販売機はございますが、食事は禁止となっております。昼食につきましては、受付にて会場周辺の飲食MAPをお渡しいたします。

応募方法

下記の登録ボタンからご登録をお願いいたします。

【登録ボタン】

交通アクセス

アクセスマップダウンロード

問い合わせ

日本循環器看護学会事務局 メール:jacn@asas-mail.jp

※PDFポスター

TOPへ戻る

座長: 三浦 稚郁子 (榊原記念病院)

 

★「心筋梗塞患者のセルフケアに関連する要因

稲垣美紀1)、高見沢恵美子2)、戸田美和子3)

1)梅花女子大学 看護保健学部 看護学科、2)関西国際大学 保健医療学部 看護学科、3)倉敷中央病院

 

「先天性心疾患をもつ子どもの病状告知の現状と親の抱える思い

-中学生以上の子どもをもつ親を対象とした告知場面の振り返りアンケート調査から-」

阿部卓也、笹川優樹、大塚杏奈、菊池麻美、布施佐智子

埼玉県立小児医療センター

 

「ICD植込み患者の身体的健康度に影響する療養生活に対する認知・感情」

城戸秀佳、梅津務

筑波大学附属病院

 

★最優秀演題

×

最優秀演題審査会 座長:眞嶋 朋子 (千葉大学大学院看護学研究科)

 

「E-PRE-DELIRIC低リスク群におけるせん妄発症と投与薬剤との関連性の検討」

西野 寛予(豊橋ハートセンター)

 

「小児用補助人工心臓EXCORR装着下に渡航心臓移植をした子どもの母親の体験」

阿部 薫(大阪大学医学部附属病院看護部)

 

「心不全終末期患者へのエンドオブライフケアの明確化(第2報):看護師が終末期ケアへの移行判断後に行った看護実践」

坂本 明子(千葉県立保健医療大学健康科学部看護学科)

 

★「心不全患者の病の意味を構成していくプロセス-Newman,Mの[拡張する意識としての健康]理論を枠組みとして-」

松本 幸枝(亀田医療大学看護学部)

 

★最優秀演題

×