代議員選出に関する規程

定款

定款施行細則

各種規程

代議員選出に関する規程

役員選出に関する規程

委員会に関する規程

学術委員会規程

学会誌編集委員会規程

学会誌投稿規程

政策・診療報酬委員会規程

広報委員会規程

倫理委員会規程

研究倫理審査細則

国内交流委員会規程

選挙管理委員会規程

総務委員会規程

会員に関する規程

一般社団法人 日本循環器看護学会
代議員選出に関する規程

本規程は、一般社団法人日本循環器看護学会定款第15条に基づき、代議員の選出に必要な事項を定める。

(選挙の公示)

第1条 理事長は、代議員の選挙の実施を公示する。

(代議員選挙の被選挙人)

第2条 代議員の選出において、会員歴5年目以上で選挙前年度までの会費を納入完納している正会員は、代議員選挙の被選挙人となることができる。

(代議員選挙の選挙人)

第3条 代議員の選出において、選挙前年度までの会費を納入完納している正会員は、選挙人となることができる。

(選挙の実施)

第4条 選挙管理委員会は、選挙人名簿および被選挙人名簿を作成し、理事会の承認を得て、定めた投票締切日の2週間前迄に選挙人である正会員に、電子メールにより選挙概要を周知する。

(投票方法)

第5条 投票はWEBによるものとする。
 2 投票は以下の方法により行う。

  1. 被選挙人一覧(50音順)を記載した投票フォームを選挙管理委員会が作成する。
  2. 投票は50名の不完全連記制によって行う。

(投票の締切り)

第6条 投票締め切り日時までのオンライン投票をもって締め切る。

(開票)

第7条 開票は選挙管理委員全員が立会のもと行う。

(開票の立会人)

第8条 開票に当たっては、立会人を置かなければならない。
 2 前項立会人は、選挙管理委員会が代議員以外の正会員の中から1名選出する。

(投票の無効)

第9条 所定の方法以外の方法で記入されたものは、その候補者について無効とする。
 2 指定の回答フォームでの回答でないもの、回答フォームに記名が無いもの、被選挙権を有しない者を記名したもの、所定の数を上回る記名を記しているものについては無効とする。

(代議員の決定)

第10条 選挙において有効投票の多数を得た者から順に当選人とする。
 2 当選枠最下位で同数の有効投票を得た者については、会員歴の長いものから順に当選とする。なお、会員歴は会費納入日を基準とする。
 3 当選人が定まったときは、委員会は当選人に当選の旨を通知し、その承諾を得る。
 4 当選人が辞退したときは、次点者から順に繰り上げて当選とし、残任期間をその任にあたるものとする。

(代議員選任案並びに次点者案)

第11条 理事会は、選挙管理委員会より提出された代議員候補者名簿を参考として代議員選任案並びに次点者案を作成することとし、次の内容を社員総会に提出することを妨げない。
 2 前条の規定により選出された者の全部または一部を役員選任案に採用しないこと。
 3 前条の規定により選出されていない者を役員選任案に加えること。

(本規程の改正)

第12条 本規程の改正は、理事会の決議により行う。
附 則 この規程は、平成28年 2月 16日より施行する。
    この規程の改正は、令和2年5月27日から施行する。

TOPへ戻る

座長: 三浦 稚郁子 (榊原記念病院)

 

★「心筋梗塞患者のセルフケアに関連する要因

稲垣美紀1)、高見沢恵美子2)、戸田美和子3)

1)梅花女子大学 看護保健学部 看護学科、2)関西国際大学 保健医療学部 看護学科、3)倉敷中央病院

 

「先天性心疾患をもつ子どもの病状告知の現状と親の抱える思い

-中学生以上の子どもをもつ親を対象とした告知場面の振り返りアンケート調査から-」

阿部卓也、笹川優樹、大塚杏奈、菊池麻美、布施佐智子

埼玉県立小児医療センター

 

「ICD植込み患者の身体的健康度に影響する療養生活に対する認知・感情」

城戸秀佳、梅津務

筑波大学附属病院

 

★最優秀演題

×

最優秀演題審査会 座長:眞嶋 朋子 (千葉大学大学院看護学研究科)

 

「E-PRE-DELIRIC低リスク群におけるせん妄発症と投与薬剤との関連性の検討」

西野 寛予(豊橋ハートセンター)

 

「小児用補助人工心臓EXCORR装着下に渡航心臓移植をした子どもの母親の体験」

阿部 薫(大阪大学医学部附属病院看護部)

 

「心不全終末期患者へのエンドオブライフケアの明確化(第2報):看護師が終末期ケアへの移行判断後に行った看護実践」

坂本 明子(千葉県立保健医療大学健康科学部看護学科)

 

★「心不全患者の病の意味を構成していくプロセス-Newman,Mの[拡張する意識としての健康]理論を枠組みとして-」

松本 幸枝(亀田医療大学看護学部)

 

★最優秀演題

×