理事長挨拶

理事長吉田からのご挨拶

ごあいさつ吉田俊子

日本循環器看護学会はわが国で初めての循環器看護領域の専門学会として2004年に設立されました。
2015年には一般社団法人となり、社会に貢献していく法人としての活動を実施しております。

本学会の目的は、循環器病に関する健康問題について市民と医療者が協働し、ともに問題解決にあたること、また、循環器病に関する看護学の発展を図り、広く知識・技術の交流に努め、もって市民の健康と福祉に貢献できる看護実践を行うことです。

わが国の循環器領域の診療は、目覚ましい進歩をとげておりますが、医療の高度化・複雑化により、高い専門性が求められております。また、超高齢社会の到来により、多疾患を伴う高齢心不全患者の増加や、急性期から地域へと続く医療・福祉・介護の連携強化は、国の医療における喫緊の課題となっております。多職種連携により、様々な場で行われる循環器医療において、循環器看護が予防期から終末期の健康の連続性を捉えていくこと、急性期から地域へと循環器看護をつなげて役割を拡大していくことは、これらの課題に向かう重要な鍵となります。本学会では、循環器看護の役割拡大、実践・研究・教育の発展をめざし、より一層の事業の充実を図って参ります。さらに、循環器看護分野での診療報酬新規評価の獲得を早急に実現できるように、循環器看護の力を社会に発信し、会員の皆様とともに活動を推進して参ります。

引き続き、皆様のご支援、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

平成28年10月21日

一般社団法人日本循環器看護学会
理事長 吉田俊子

TOPへ戻る

座長: 三浦 稚郁子 (榊原記念病院)

 

★「心筋梗塞患者のセルフケアに関連する要因

稲垣美紀1)、高見沢恵美子2)、戸田美和子3)

1)梅花女子大学 看護保健学部 看護学科、2)関西国際大学 保健医療学部 看護学科、3)倉敷中央病院

 

「先天性心疾患をもつ子どもの病状告知の現状と親の抱える思い

-中学生以上の子どもをもつ親を対象とした告知場面の振り返りアンケート調査から-」

阿部卓也、笹川優樹、大塚杏奈、菊池麻美、布施佐智子

埼玉県立小児医療センター

 

「ICD植込み患者の身体的健康度に影響する療養生活に対する認知・感情」

城戸秀佳、梅津務

筑波大学附属病院

 

★最優秀演題

×

最優秀演題審査会 座長:眞嶋 朋子 (千葉大学大学院看護学研究科)

 

「E-PRE-DELIRIC低リスク群におけるせん妄発症と投与薬剤との関連性の検討」

西野 寛予(豊橋ハートセンター)

 

「小児用補助人工心臓EXCORR装着下に渡航心臓移植をした子どもの母親の体験」

阿部 薫(大阪大学医学部附属病院看護部)

 

「心不全終末期患者へのエンドオブライフケアの明確化(第2報):看護師が終末期ケアへの移行判断後に行った看護実践」

坂本 明子(千葉県立保健医療大学健康科学部看護学科)

 

★「心不全患者の病の意味を構成していくプロセス-Newman,Mの[拡張する意識としての健康]理論を枠組みとして-」

松本 幸枝(亀田医療大学看護学部)

 

★最優秀演題

×