日本循環器看護学会の概要

設立趣意

設立の趣旨および学会の目的

脳神経及び心臓血管に関する疾病は、共に動脈硬化に基因するものが主要部分を占め、これらを「循環器病」と総称しています。循環器病は、生命の危機状況にある急性期・回復期から、循環器病を予防する、つまり冠危険因子のコントロールの時期、生活習慣病予防の時期など、そこには様々な健康場面でのアプローチがあり、医師、看護師、コメディカルがほとんど職種の差なく共通の知識・技術を共有しつつ、その cure と care に取り組んでいます。

21世紀を迎えた今日、先進医療が目覚ましく発展し、市民にとって身近な医療になりつつある一方、社会構造は複雑化し、人々は病との共生を避けることができず、健康について何らかの不安を抱えています。このような状況の中で、三大国民病のひとつである循環器病に関する看護を必要とする人々が増加していることも事実です。

今後、医療の現場では、医療者主体ではなく、市民が主体となって、あらゆる健康場面にアプローチしていくこと、市民と医療者(医療の提供者)がともに悩み(課題)を共有し、解決していくことが必要と思われます。

また医療者には、常にその時代における、かつ未来をみすえた最善・最良の医療・看護を市民に(または目の前に入る人々に)、提供することが求められ、そのためには知識・技術を研鑽しなければいけません。

それでは、循環器病に携わる看護職者はその知識・技術を、どのように磨き上げ、update にしてきたのでしょうか。集中治療医学会、循環器学会などにおける看護部会での知識・技術の交換をしているのが現状です。

三大国民病の主要部分を占める循環器病の、そして、さらに主要な部分を担う看護職者を中心とした学術集会の設立の時期が既に来ていると考えられます。

本学会は、

  1. 循環器病に関する健康問題について市民と医療者(医療の提供者)が協働し、ともに問題可決にあたること。
  2. 循環器病に関する看護学の発展を図り、広く知識・技術の交流に努め、もって市民の健康と福祉に貢献できる看護実践を行うこと。

を目的にしたいと考えております。

TOPへ戻る

座長: 三浦 稚郁子 (榊原記念病院)

 

★「心筋梗塞患者のセルフケアに関連する要因

稲垣美紀1)、高見沢恵美子2)、戸田美和子3)

1)梅花女子大学 看護保健学部 看護学科、2)関西国際大学 保健医療学部 看護学科、3)倉敷中央病院

 

「先天性心疾患をもつ子どもの病状告知の現状と親の抱える思い

-中学生以上の子どもをもつ親を対象とした告知場面の振り返りアンケート調査から-」

阿部卓也、笹川優樹、大塚杏奈、菊池麻美、布施佐智子

埼玉県立小児医療センター

 

「ICD植込み患者の身体的健康度に影響する療養生活に対する認知・感情」

城戸秀佳、梅津務

筑波大学附属病院

 

★最優秀演題

×

最優秀演題審査会 座長:眞嶋 朋子 (千葉大学大学院看護学研究科)

 

「E-PRE-DELIRIC低リスク群におけるせん妄発症と投与薬剤との関連性の検討」

西野 寛予(豊橋ハートセンター)

 

「小児用補助人工心臓EXCORR装着下に渡航心臓移植をした子どもの母親の体験」

阿部 薫(大阪大学医学部附属病院看護部)

 

「心不全終末期患者へのエンドオブライフケアの明確化(第2報):看護師が終末期ケアへの移行判断後に行った看護実践」

坂本 明子(千葉県立保健医療大学健康科学部看護学科)

 

★「心不全患者の病の意味を構成していくプロセス-Newman,Mの[拡張する意識としての健康]理論を枠組みとして-」

松本 幸枝(亀田医療大学看護学部)

 

★最優秀演題

×